ゲストハウス・シェアハウスについて

ゲストハウスとは、大人数で一つの住宅をシェアする新しい生活方法です。外国からの留学生や女性にもおすすめです。

ゲストハウスへの入居の流れ

ゲストハウス(シェアハウス)の入居をしたい場合の流れは、通常の賃貸アパートなどへの入居とは少し様子が違います。しかし、それほど大きな違いがあるわけでもないので、特別に構える必要はありません。まず、取り扱いの不動産業者のホームページに問い合わせをして、希望物件や入居希望日を決定します。申込時には入居時に必要となる個人情報を書類として提出します。
ゲストハウス(シェアハウス)は入居や退去が比較的自由な住居ですが、それでもメールアドレスや電話番号、緊急時の連絡先など必要最低限の情報は登録をしておかなくてはいけません。ちなみに、入居前に物件の下見をしたいというような場合にも応じてもらえるので、まずは連絡をしてみてください。
入居のときには事前に管理や利用の方法について確認をしておきます。身分証明書を提示し契約書を交わしたのちに、最初に家賃とデポジット(退室時に返金される数万円程度の保証金)を支払います。無事に契約を完了することで、ゲストハウス(シェアハウス)の部屋の鍵を受け取ることができます。
注意が必要なのは、最初に予約物件をおさえておくために手付金を支払う場合です。のちに別の物件に正式に入居を決めたときであっても、手付金が返金されない場合もあります。そのため、手付金の支払いは慎重に、最低でも実際の物件を下見してから支払いをするようにしましょう。希望の物件が現在ない場合には、登録をして空き物件が出るまで待つこともできます。